売れる経営環境をつくるブランド戦略 事例1
  
 売上=「過去の数字」で店舗閉鎖は無意味…
売れる予測で顧客拡充の店舗CI開発 
戦略上の守秘義務より写真はイメージ、実際の資料をリタッチで使用。無断での使用厳禁
●大手証券会社A社のケース ('92)
 日本企業はち密であるが、長期展望に暗い
という。日本で一番ち密さを重視する企業は
金融機関だ。バブル崩壊後の證券業界は、
まさに売上数字によって、店舗リストラを考え
るという発想しか持ち合わせていなかった。
 
 傘下のシンクタンクも、当然数字にち密な
経営体質をもっているため、抽象的な未来
予測など言葉で並べても、理解できないのは
当然だ。通常は数字で店舗リストラする。
 
 その為、予測される「売れる顧客層」を満足
させる地域特色店舗をモデル化。店舗CI計画
トータルコミュニケーション戦略をシミュレーシ
ョンし、売れる現場予測からリストラを提案。
 
 この手法は、バブル崩壊後の公共施設の
基本構想の自身の実績から誕生、次の事例
携帯電話市場導入戦略でオリジナルで確立
する。が、正確な予測が最重要と感じるに至る
基本は中長期マーケ
ティング=生活予測な 
しでは、市場の強みを 
設定できない。標準地 
静岡予測調査の理由 
当時としては画期的だったようです…今後のフランチャイズ店舗に使える手法です 
 売れるシミュレーションを売れる地域特色にあわせて策定することは、今後のフランチャイズ 
ビジネスが全国展開してゆく上で、実際土地をもつ契約者を納得させ,損をさせないマニュアル
プレ資料となります。買物行動のシミュレーションを可能にするのは、130万人生活圏買物
行動プロフファイルと絞込み買物調査です。これが日本の縮図130万人生活圏マーケティングだ
戻る
hhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhh tttttttttttttttttttttttttttttttttttttttttttttttttttttttttttttttt
 

売れる予測で店舗リストラ・売れる経営環境つくるブランド戦略(2)CP-MARMA戦略事例
Copyright by 2007 Communications Plannning Marma, Inc.
CP-MARMAテストマーケットブランド開発室 許可なき他用転用厳禁