売れる経営環境をつくるブランド戦略 事例2
  
 携帯電話のヒットはテクノロジーが理由でない!
社会全体で売れる経営環境を予測し、 
文化特性が生む顧客行動で具体策づくり
 図は、売れる経営環境を構築するために必要な統合型マーケティング
戦略の1つ、日本文化特性がうむ顧客行動からシミュレーション予測し、
具体的な策である「トータルコミュニケーション戦略」の販売活動リスト
である(現物)。
直接販売システム(店舗戦略、人的販売戦略etc)〜間接販売システム 
(デザイン、広告etc)など総てを、市場が成長するごとに仮に設定する
ことによって、販売先が、販売支援企業が、具体的なモチベーションを
もってヒット製品をつくりだすべく行動をしてゆけるのである
必要なのは、文化特性がうむ顧客行動をシミュレーションで予測できる 
統合型マーケティング調査システム=標準地テストマーケットであった
 
※リストと図は、当コンセプターが独自に開発、採用された実物(知的所有権・無断使用厳禁)。   
類似なご依頼を受けた場合は、スタンダード版をお見せすることは可能。写真はイメージ
●携帯電話市場導入戦略事例 ('93)
日本は、モノヅクリが優先され、目前の製品
しか見えなくなるため、ヒット製品とは、技術や
テクノロジーが市場をつくりあげたと思い込ん
でしまう傾向が強い。

今もそう信じている人が多いが、携帯電話は
日本、韓国、中国(中華圏)のもつ、民族的な
価値観が、市場を受け入れ、社会現象をつくりだし
その結果「新機能」が発達し、欧米へ
とその携帯電話のもつサブカルチュアが
発達したのである。
ファッションが、欧米から来ると未だに信じて
いる企業がまだ多いのが日本の現状だ。

今の携帯電話のヒット状況からして、想像でき
ないかもしれないが、全く新しい製品市場=
社会現象=新しい購買行動をつくりだすため、
ヒット製品に火をつけるための市場導入戦略は
社会全体で「売れる経営環境」を予測する
統合型マーケティング戦略なしでは計画すら
立案できなかった。

販売方式、販売活動1つとっても、マニュアル
1つない状態から、売れる経営環境を予測し、
経営計画を具体的に描けなくてはならない。

ヒットに火を点けるために、顧客がどんな購買
スタイルをもつか?行動がシュミレーションでき
ない限り、こころを動かすブランド(商品価値)
および、販売戦略マニュアル(左図)を策定す
ることは不可能なのだ・・
日本はバブル崩壊まで新製品をだせば売れる市場環境だったため、
カッコイイだけのイメージ戦略としてのブランドでモノは売れた。(実体は不明)
しかし消費者が何も経験がない携帯電話のような、この世になかった新ビジネスの市場戦略は
 当然、売り出す前の販売手法もインフラも計画も何もない状態だ。当然として顧客のみならず
社内も取引先も、顧客の購買シミュレーションなしに何もできない状態にある。
つまり顧客行動予測によって「何を必要とし何を整えてゆけばいいのか?」を経営環境全体を 
統合的にマーケティング予測してこそ、「売れる経営環境をつくる経営計画」が立案できる。
ヒット製品は、売れる経営環境を市場成長段階ごとの顧客行動予測で決まる。日本人文化の
標準地で市場成長を一巡し、顧客行動を12年かけて追跡したからこそ成しえた予測システムだ
戻る
hhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhh tttttttttttttttttttttttttttttttttttttttttttttttttttttttttttttttt
 

大ヒット産業は文化が決め手・売れる経営環境つくるブランド戦略(2)CP-MARMA戦略事例
Copyright by 2007 Communications Plannning Marma, Inc.
CP-MARMAテストマーケットブランド開発室 許可なき他用転用厳禁