copyrights by 2003 Communications Planning Marma, Inc. 当ホームページは著作権により許可のない商用・論文等の転用他用禁ず
 ゼ  日本標準生活都市CP−MARMAテストマーケティング商品開発室
経営新聞TOP戻る>>
  日本市場の標準地「4,000人経営者講座実績」から生まれ
「売れる売場経営」標準地マーケティング講座 
 「売る」から、「売れる=顧客に喜ばれる」発想で 
 日本の縮図=標準地で「強み」測定しよう! 
 「売れない」経営問題を、標準地・顧客予測デタと事例で現状を見直す講座です。
日本の縮図・標準地で「販売現場」から、「経営現場」、「地域経済現場」まで 
全体を見直す事例より、「売れる!デキル!勝てる!」経営戦略思考を育てます。
 理論に走りがちなマーケティング講座とは 
異なり実際に標準地で事業を営む等身大
中小企業経営者 4,000人が参加した経営塾
「勝てる強み戦略経営資源を探す」での
実績=標準地の生声と、戦略事例を基に
解りやすい内容で、「売れる売場&経営」を
実現化するため、総合的観点を養います。
 ●標準地マーケティング講座●※全11回・WEBで月毎約1年間学びます
【全11回講座】 
各項目(A〜C講座)を輪番で進め、中盤と終盤には質問講座 が2回含まれます
(A) 「売れる販売戦略」顧客開拓講座
第1回目
「売れない売場情報」 間違いだらけの販売戦略
第4回目
「売れる売場分析」 覆面買物調査員が標準地で現状報告
第8回目
相談事例 「売上が頭打ちの製品をどうするか?」
  (4,000人経営者標準地相談例より) 
 売れる予測100%的中!敏腕買物調査員が売場をレポート
講座の狙い・・・以下の悩みを抱えている場合に有効です 
苦心して新製品をだしても売れない!選択した販売店/流通は正しかったか? 
売上が頭打になった既存製品の販売戦略はこのままでいいのか? 
顧客開拓したくても開拓に掛る経費、人件費を考えると決心が付かない…!  

ヒット商品を決めるのは、最初に買い始めるたった6%の顧客。
標準地の消費決定者5万人プロファイルデータと、買物データマップを活用し、
「売れる可能性」を標準地で測定し、「売れる基準」を自社で検討し、売れる売場
小売店を予測する技術をつける講座です。 
★★特徴!・・・標準地400事例企業が「100%予測が当たった」と いう 
            覆面買物調査員が現場例でレポートします。
(B) 「勝てる強み」経営戦略測定講座
第2回目
「儲からない経営現状」 間違いだらけの「売る」経営情報 
                  =古きを捨て「売れる」経営へ転換!
第5回目
 「売れる経営分析」 有力投資家が重要視する、「売れる」 
                経営資産価値とは何か? 強みの経営とは
第9回目
相談事例 「中小企業が競争市場で勝てるにはどうするか?」
(4,000人経営者標準地相談例より) 
  政財界首長前に、強みプレゼンした経営塾生の実例
講座の狙い・・・以下の悩みを抱えている場合に有効です 
売上数字が伸びれば何をやってもいいの?質が下がって顧客が減っても? 
経営の「強み」って何なの?売上数字?納税額?従業員数?株価? 
数字が低い中小企業でも、融資・投資が受けられるの?何を基準に 
自由競争って何?中小企業も勝てる経営情報持て?何をどう集めるの?  

「強み」で勝負すれば中小企業が生き残れる??
「強い」と判断するには、「比較する対象」や「立証する情報」がなければ、
「実体の無い独り善がり」の「強み」になってしまう…
自分が顧客ならば…誇大広告、誇大セー ルス、誇大演出で購入するだろうか?
実は、世界には小さな企業であっても、現在売上数字が低くても投資する 
有力投資家がいる!彼らは、株式新聞などのマスメディアの売れ筋情報には
興味がない!なぜなら現在株価や売上は過去企業活動の結果でしかない
有力投資家重要視するのはこれから「売れる」経営資産価値!経営強みだ
 
これから売れる経営資産価値を確実に知っているのは、誰? 銀行でも、株屋
でも、お偉い先生でも、政府でもない!それは、顧客なのである!
日本の縮図(社会の縮図・市場の縮図)=標準地・静岡データならば、 
未来の「強み」予測できる『比較する対象』 や『立証する顧客』を測定できます。

★★特徴!・・・標準地で実際に経営を営む、4,000人の中小企業経営者が 
            難しいと言われた「勝てる強み」=経営資源を探す講座に参加。
            理論でない、標準地の生の声から経営問題を分析してゆきます。
(C) 「勝てる地域活性化」全国市場比較実例講座
第3回目 
「来ない」テーマパーク事業 
 間違いだらけの東京思考と、全国事例のマネ事業 (当社事例)
第6回目 
「売れる」が基準の店舗リストラ戦略 
 間違いだらけの売上高で店舗撤退リストラ (金融機関同上)
第10回目
相談事例 「人ない!金ない!特性ない!地域おこし」
過疎化NO.1ありきたりの田舎をベンチャー思考で活性化 (同)
 ★標準地 実証例だから全国比較できる!戦略体感できる!
講座の狙い・・・ 
戦略事例を通して実践的に学びます。標準地・顧客プロファイルデータは、
400実証事業例によって誕生しました。
バブル崩壊後の東京事例、倒産寸前の関東のテーマパーク事例、
静岡県で、最も 過疎化問題が深刻化する北遠5市町村の事例をもとに、
戦略を学びます。実例をもとに実践的思考をそだてます。 
★★特徴!・・・標準地事例および、標準地全国比較データを活用した、 
                  公開できる事例をもとに編集しました。
(D) 「売れる戦略」Q&A ゼロ町戦略塾講座
第7回目
 前半での質問&回答講座(毎月一部更新します)
第11回目
  後半の質問&回答講座(毎月一部更新します)
 
※リニューアルした今回の講座では、経営情報を収集する「ゼロ町経営塾」は
  お休 みさせていただきます。講座の内容に関したQ&Aのみに致します。
 (生徒より集 中したいとのリクエストありました。リクエストに応じて、
  再開したく思っております)
※尚、講座は入会した月から第一回目が開始しますが、 
  質問&回答「ゼロ町戦略 塾」は、合同でご覧いただけます。
※また、当戦略講座は「売れる統合マーケティング思考(顧客予測含む)」と、 
  それ に対する具体的戦略「統合コミュニケーション戦略」について学ぶ
  内容であり、全般 的な経営学を学ぶものではありません。
 
【講座の特徴と目的】

全11回で会費受講料 12,600円(税込) 

<<HOMEへ      経営新聞TOP戻る>>     相談室戻る>>


copyrights by 2003 Communications Planning Marma, Inc.
当ホームページは著作権により許可のない商用・論文等の転用他用禁ず
hhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhh